HOME > ネフローゼ症候群ならごぼう茶を飲もう

ネフローゼ症候群ならごぼう茶を飲もう

ネフローゼ症候群に悩んでいるなら、是非ごぼう茶を飲んでほしいです。というのもごぼう茶にはネフローゼ症候群を予防したり、改善したいする働きが期待できるようです。そもそもネフローゼ症候群とは何?という人のために説明すると、たんぱく質が体外にどんどんと出てしまうので、血中のたんぱく質が不足し、低たんぱく状態になってしまうことを言います。大人でもなることはありますが、ネフローゼ症候群にかかるのはほとんどが6歳未満の子どもです。原因としては色々とありますが、子どもの場合は腎臓になんらかの疾患があるために発症し、大人の場合は糖尿病などの病気が原因で発症することが多いようです。腎機能に問題があるため、正常に尿の生成が行われず、体内に必要なたんぱく質が流れ出てしまうのでしょう。ネフローゼ症候群にかかると体がむくんだり、ムーンフェイスになる、体重が増える、尿が泡立つなど見た目にも表れるので分かりやすいのですが、ネフローゼ症候群自体知らない人は、まさか自分が病気とは思わずに放置されることもあります。軽度の場合はまだ良いのですが、ひどくなると呼吸困難に陥ったり、お腹や胸に水が溜まる、高血圧になるなど、無視できない状態になります。ですから異変に気づいたらすぐに病院で診てもらうと良いのですが、ごぼう茶を飲んでおくことで症状が治まったり、予防に繋がることがあります。これはごぼう茶には腎臓や肝臓の働きを助けたり、血糖値や血圧を下げるなどの効能があるためと考えられています。ただ腎疾患を抱えている人はごぼう茶を飲まない方が良いこともあるので、事前に医師の判断を仰いで欲しいのですが、ごぼう茶は薬ではありませんし、あくまで健康食品なのでそれ程気にする必要もないかもしれません。いざ発症したらまず病院に行ってほしいですが、普段からごぼう茶を飲んでいれば、ネフローゼ症候群発症のリスクを減らせることは期待できそうです。